新規記事、続々公開予定!

【Boot Camp】MacにWindows10を入れてハイブリッドPCにする〜最適な容量も解説〜

Mac bootcamp
 
ほとり
こんにちは。「ほとり」です!
 
 
MacにWindows10が入れられる
 
MacパソコンにWindowsがインストール出来るって知ってましたか?
 
今回紹介する、Apple公式のソフトウェア「Boot Camp」を使えば、Mac搭載パソコンに、Windowsのインストールが可能になります。
 
 
「Macしか使ったことないからWindowsに挑戦してみたい!」
「Windowsのみ対応のソフトを利用したい!」
 
といったように、既にMacを使っていてWindowsを利用したい時には、ベストな方法です。
 
 
今回は、Boot Campの説明から、MacにWindows10をインストールするまでの手順を画像を添えて紹介していきます!
 
関連記事

 ほとりこんにちは。「ほとり」です! ノートパソコンを使っていると、自然と熱が発生します。ちょっとパソコンの裏面に手を触れたら「熱っ!」と、パソコンの発熱に驚いたという方もいるのではないでしょうか[…]

アイキャッチ画像
関連記事

 ほとりこんにちは。「ほとり」です!  先代モデルと比較して、大幅な性能向上を果たしたMacBook Air 2020。 基本ストレージ容量が倍になり、CPU性能もベンチマークを計測すれば性能向上[…]

MacBook Air 2020のバッテリー持ちは?
 

Boot Campとは?

bootcamp

 

MacにWindowsをインストールする

Boot Camp は Mac 付属のユーティリティです。Boot Camp を使えば、macOS と Windows を切り替えて使えます。Windows 10 をダウンロードしたら、あとは Boot Camp アシスタントの案内にそってインストールするだけ。

Boot Camp – Apple サポート 公式サイト

 

Boot Campは、Mac上でWindowsのインストールを可能にするソフトウェアです。新しくWindowsPCを準備する必要が無いので、非常に利便性の高い機能ですね。

 

昔はMacとWindowsで、双方は別OSの利用を制限していました。ですが、AppleがIntel製CPU搭載のMacを発売したと同時に、Windowsへのサポートを表明し、MacからはWindowsのインストールが可能になりました。

 

 

現在では、WindowsPCで後からMac OSを追加することは基本できません。
(まあ、正確に言うと先述した、仮想化ソフトウェアを使った仮想環境を組めばできなくはないのですが、少し不安定なのでおすすめ出来ません)
 WindowsにMacを入れる
◯  MacにWindowsを入れる
 
こういうことです。
 

 

Windowsインストール後はライセンスが必要になるため、お金が必要ですが、Boot Camp自体は無料で使うことが出来ます。

 

補足情報としては、以下の通り。

 

  • OSの切り替えには再起動が必要
  • Macのストレージに十分な空き容量が必要
  • Windowsのライセンス認証のため、1万5000円ほど必要

 

 

システム要件について

 

Boot Campを利用する時のシステム要件を示します。

 macOS 10.14 〜 〜 macOS 10.13
対応WindowsOSWindows10Windows7、8.1、10
必要空き容量最低64GB、推奨128GB最低64GB、推奨128GB

 

 

現行の(2020年7月)macOSはCatalina(バージョン10.15.5)ですが、OSのバージョンによって、インストール可能なWindowsが異なります。⬇

 

High Sierra(〜macOS 10.13・OS X・Mac OS X)以前はWindows7、8.1、10に対応。

Mojave(macOS 10.14〜)以降はWindows10のみに対応。

 
最新のバージョンでは、Windows10のみに対応していますね。
(バージョンの確認は、左上のアップルメニューの「このMacについて」から確認できます⬇)
macOS
 
 
 

容量についてですが、Boot Campを用いたWindowsのインストールには、最低で64GB、推奨で128GBの空き容量が必要とされています。

システムストレージ + Windowアップデートによる将来的な容量の占有を想定して、余裕を持った空き容量を求めているようです。

 

後に、Macのストレージ、用途別のおすすめ容量を解説していきますが、通常はシステム要件通りに考えておけば良いと思いますね。

 

 

 
インストールにUSBメモリは必要?
Boot Campですが、Windowsを入れるMacが、以下に示すモデルに該当する場合は、USBメモリの準備は必要ありません
 
  • MacBook         (2015 年以降に発売されたモデル)
  • MacBook Air   (2017 年以降に発売されたモデル)
  • MacBook Pro  (2015 年以降に発売されたモデル)
  • iMac                (2015 年以降に発売されたモデル)
  • iMac Pro          (すべてのモデル)
  • Mac Pro           (2013 年後期に発売されたモデル)
 
上記のモデルに該当しない場合は、「BOOTCAMP」という名前でフォーマットされた、16GB以上のUSBメモリが必要です。
USBメモリをMacに接続した状態で、Boot Campを起動し、手順に従います。
 
 
それでは次に、Boot Campを用いたWindowsのインストール手順を画像で解説していきます。
 
 

Boot Campを使ってWindows10をインストールする手順

 

※ 僕の環境は、MacBook Air 2020の最新のmacOS Catalina 10.15.5ですので、Windows10をインストールします。(USBメモリなし)

 

 

Windows10 ISOイメージファイルをダウンロードする

windows isoイメージ

 

 

Windows10をインストールするためには、事前準備としてOSのディスクイメージ(ISOファイル)が必要です。以下のリンクからダウンロードします。

 ▶ Windows10のディスクイメージ(ISOファイル)のインストール

 

 

ダウンロードする時に、64bitパソコンか、32bitパソコンか選択があるので、事前に確認しておきましょう。こちらも、アップルメニューの「このMacについて」のプロセッサから確認することができます。

 

プロセッサ名32 ビット/64 ビット
Intel Core Solo32 ビット
Intel Core Duo32 ビット
Intel Core 2 Duo64 ビット
Intel クアッドコア Xeon64 ビット
デュアルコア Intel Xeon64 ビット
クアッドコア Intel Xeon64 ビット
Core i364 ビット
Core i564 ビット
Core i764 ビット

 

 
ほとり
最近のPCは、ほとんど64bitパソコンだね

 

  1. 【エディションの選択】Windows10
  2. 【言語の選択】日本
  3. 【32bit 64bit インストール】使用しているPCに合致するものをダウンロード

 

 

上記の手順でISOイメージファイルのダウンロードが始まります。32bit、64bitを間違えると、正常にインストールが出来なくなるので、気をつけてください。

 

ISOイメージファイルは5GB程あるので、ダウンロードに時間がかかります

 

 

32bit、64bitの違いとは?

bit(ビット)とは、コンピュータが扱う情報量の最小単位。
CPUにはレジスタと呼ばれる、データの制御や演算を行うための記憶回路が備わっており、そのレジスタの大きさによって、扱える情報量が変わる。

32bitパソコン、64bitパソコンというのは、CPUが保持しているレジスタの大きさを表しており、わかりやすい例としては、認識できるメモリの量やストレージ量に違いがある。

例えば、32bitパソコンで認識できるメモリ量は4GB、ストレージ量はHDDで2TB、64bitパソコンはそれぞれ128GB、2TB以上を認識可能となっている。

 

 

Boot Campアシスタントを起動して、手順に従う

Launchpad

 

ISOイメージファイルのダウンロードが完了したら、「Boot Campアシスタント」を起動します。

特にカスタマイズしていない場合は、Launchpadのその他に置いてあるはずです。

 

 

bootcamp assistant

 

bootcamp partition

 

ここから、Windows10に配分するストレージを調節することができます。ストレージが500GBあり、そのうちの140GBをWindowsPCとしてお邪魔させていただきます。

 

500GB中、100GBをMacで使っており、この時では配分として最小47GB、最大390GBが設定できました。参考までに。

また、ダウンロードしたISOイメージを指定しておきます。

 
パーティション配分の設定は、後から変更することが出来ないので、よく考慮して、容量を決めてください!
 

おすすめの容量配分については後述しますね。

 

 

パーティションの設定を行った後、インストールが始まり、自動的に再起動がかかります。

 

 

Windowsのセットアップを行う

windows10 install

 

再起動すると、Windowsユーザーおなじみ、セットアップ画面が表示されます。

この後は、画面の手順に従っていきます。

 

 
ほとり
僕の個人的な設定を紹介しておくよ
 

 

  • 言語・キーボード設定はいじらない
  • プライバシー設定は全てOFF(後から設定変更可能であり、バックグラウンドで常駐されるのが嫌)
  • アクティビティ履歴は使用しない
  • OneDriveは、僕は使っていないから設定なし
  • Cortanaはうるさいから無効

 

 

Windows起動後に、Boot Campのインストーラーも出るはずなので、インストールしておきます。

 

 

これでWindowsのインストールが完了です。

一台のPCで両OSを使うことが出来るハイブリッドPCに生まれ変わりました!
 
 
 
 

Boot Campを用いた、OSの切り替え方

Boot Campの仕組みは、VMWareなどの起動中、システムに常駐する仮想化ソフトウェアとは異なります。BIOSの起動時にブートローダーという、OSを準備するための機能が立ち上がり、そこからOSを選択するという方式になります。

 

OSを行き来するためには、Macは「システム環境設定」の「起動ディスク」から

Windowsは右下のタスクバーにある「Boot Campコントロールパネル」から再起動という形で変更が可能です。

 

 

Boot Campのおすすめの容量配分は?

 
パーティションの設定で、Windowsにいくら割り振るか… 悩ましいところですよね。
 
今回、僕は500GB中、140GBを割り当てたわけですが、Windowsインストール後、必要ソフトを一通りダウンロードした後のストレージ空き容量が参考になるかもしれないので、紹介しておきます。
 
bootcamp stragebootcamp strage 2
 
インストールしたもの
  • Google Chrome
  • Vivaldi
  • Microsoft Office 2016 Home & Premium
  • サクラエディタ
  • CCleaner
  • Speccy
  • CrystalDiskInfo
  • CrystalDiskMark
  • StrokesPlus version
 
Windowsインストール直後の使用量は27GBと、意外と少ない。上記の僕が最低限必要なソフトを一式インストールした後は4GB減った感じです。
それでも100GB近く、空きがあります。
 
 
Windowsアップデートによるシステム容量の肥大化を想定しても、
資料作成や簡易ツールの使用という目的なら、50GB〜100GBくらいで十分な気がします。
全体のストレージ容量が512GB以上ある場合は、わりと多めに確保しても問題なさそうですね。
 
Windowsマシンとしてもゴリゴリ使うのであれば、200GB以上、割り当てたいところです。(あまりいないと思われますが…)
 
 
もとのストレージ容量(128GB〜数TB)でも変わってきますし、MacやWindowsをどのように使うかで大きく異なります。
参考までに。
 
パーティション配分の設定は、後から変更することが出来ないので、よく考慮して、容量を決めてください!
 
 
 

さいごに

 

今回は、Boot Campを使ってMacにWindows10をインストールする方法について紹介してきました。
 
実はWindows信者の僕が、Macを試そうと思ったきっかけの1つもBoot Campの機能だったんですよね。
最悪、Macが使いづらかったらWindowsPCとして運用すればいいと考えていましたから笑
 
 
Boot Campは、MacPCでWindowsを利用できる利便性と、Appleの公式ツールということもあり、安心して使うことが出来ます。
OSの切り替えに再起動が必要で、多少面倒かもしれませんが、Boot Campは仮想環境とは異なり、パフォーマンスの低下や機能制限がないことも良いですね!
 
 
 
以上、「【Boot Camp】MacBookにWindows10を入れてハイブリッドPCにする〜最適な容量も解説〜」でした!
bootcamp
最新情報をチェックしよう!