新規記事、続々公開予定!

【お手軽ハイエンド】ADATAのSSD「XPG SX8200 Pro」を試してみたよ

SSD xpg sx8200 pro benchmark
 
ほとり
こんにちは。「ほとり」です!
 
僕は、ストレージの故障に関わらず、定期的にOSの再インストールを1年に一回するのですが、とうとうCドライブをSATA SSDからNVMe SSDにすることに決めたんですね。
そして、AmazonでNVMe SSDを眺めていたら、価格の割に性能でひときわ目立っていたものがありました。
それが本記事の主役「XPG SX8200 Pro」です。
 
今回は、台湾のメモリメーカーADATAのハイエンドNVMe SSD「XPG SX8200 Pro」の開封、ベンチマークテストを行っていきます!
 

XPG SX8200 Proの仕様

低価格なハイエンド

adata sx8200 pro

容量256GB512GB1TB2TB
ファームファクタM.2 2280 (NVMe 1.3対応)
インターフェースPCie 3.0 × 4
コントローラーSilicon Motion SM2262EN
NAND64層 3D TLC NAND
シーケンシャル   (読み込み)3500 MB/s
シーケンシャル   (書き込み)1200 MB/s2300 MB/s3000 MB/s
ランダムアクセス(読み込み)220K IOPS390K IOPS360K IOPS
ランダムアクセス(書き込み)290K IOPS380K IOPS369K IOPS
TBW160TBW320TBW640TBW1280TBW
保証5年
参考価格6600円8800円

15000円

29000円
 
容量は256GB、512GB、1TB、2TBのラインアップです。
コントローラーはSilicon Motion製の「SM2262EN」を採用。ADATAはNANDフラッシュメモリ作ってたの?と気になりましたが、Micron製の64層3D TLC NANDみたいです。 
 
書き込み速度は3500MB/s。読み込み速度は、1TB以上のモデルで3000MB/sに達します。基本スペックが高く、512GBは8000円台、1TBは15000円と価格もリーズナブル。総書き込み容量(TBW)も申し分なく、500GBモデルでも300TBWを超えるので耐久性が高く、5年保証が付いてきます。
かつてのIntelの定番人気SSD「760p」とほぼ同じコンポーネント、同等の性能を持っていながら、価格はコチラのほうが安いということで人気のNVMe SSDです。
 

「XPG SX8200 Pro」を開封するよ

基盤のコンポーネントを確認

adata sx8200 pro
adata sx8200 pro

今回購入したのは512GBモデルです。

 

最高スペックのものが欲しかったのですが、仕様を勘違いしていたようで、512GBモデルは書き込み速度が2300MB/sまでだったようです。トホホ…

外観はNVME SSDあるある、ブラックチョコレートみたいなパッケージです。中身はプラスチックに収納されたNVMe SSD本体とヒートシンク。説明書等は無く、ハイエンドにしては比較的簡素です。

 

個人的に、何となく嬉しいヒートシンク付き。確実に冷やそうと思ったら別売りのヒートシンクの方が冷却効率良かったりするのですが、そこまで高負荷を掛けない場合は付属してるとありがたい。無いより精神衛生上良いですしね。

 

xpg sx8200 pro 512gb

 

XPG SX8200 Proは両面実装タイプです。あ、512GBモデルだけかも?

近くで撮り忘れたのですが、ラベルの横に見えるのが、DRAMキャッシュです。

 

xpg sx8200 pro dram

さっきの画像を強引に拡大!

DRAMキャッシュはSamsungのDDR3Lメモリ(DDR3L-1866で動作)を搭載しており、容量は2GB(256MB)です。表裏両方に2枚ずつあるので計512MBのメモリ容量。

xpg sx8200 pro adata
xpg sx8200 pro adata

表裏、両方にNANDフラッシュメモリが付いています。ADATAの刻印がされていますが、自社製造ではなくMicron製なんですね。64層の3D TLC NAND型です。

ヒートシンクは片方にのみ付けるタイプです。NVMe SSDはコントローラー部分が一番発熱するので、とりあえずそこだけは冷却しますよということでしょう。

高負荷な用途で運用する場合、どう考えてもこのヒートシンクではサーマルスロットリングを防止できません。市販のヒートシンクを購入したほうが安心です。

 

ヒートシンクは極薄

sx8200 pro heatsink

 
ほとり
それにしても薄すぎ!
 
ヒートシンクが付いてると嬉しいとは言いましたが、想像以上に極薄なヒートシンクでちょっと笑ってしまいました。小学校の、顕微鏡で観察する時に使ってたスライドガラスみたいな薄さ。
 
また、このヒートシンクは両面テープが結構強力でして、一度貼り付けたら外すのが難しいという。ここらへんは少しマイナスポイントですかね〜。
 
xpg sx8200 pro set
 
取り付けるとこんな感じ。XPGの横のロゴが何がなんだかわからない感じですが、割とかっこいい。
M.2スロットへの取り付けの際は、面倒くさがらずにグラボ等の干渉する邪魔なパーツを一度取り外してから作業することをおすすめします。CPUクーラーなんかは鋭利ですから、取り付け中にSSDの基盤を傷つける恐れもあります。
 
大型のグラボやCPUクーラーを搭載している時は、手が置くまで入らないので、取り付けるのが特に難しいですね。
 
 

XPG SX8200 Proのベンチマークテスト

XPG SX8200 Proの性能を、ベンチマークテストで検証してみます。
 
テスト環境は以下の通り。
テスト環境
CPUIntel Core i7 9700K
グラフィックボードNVIDIA Geforce RTX2060
マザーボード

AsRock Z390M Pro 4

メモリDDR4 2666Mhz 8GB×2
SSDADATA XPG SX8200 Pro 500GB
SSDSamsung SSD 860EVO 500GB
CPUクーラー虎徹Mark Ⅱ
電源ユニット750W (80+認証 GOLD)    Antec NE750 Gold
OSWindows10 Pro
 
ストレージのベンチマークテストでは、そこまで構成によって差が出ることはありません。ですが、ランダムアクセス性能を測るときにはCPUの性能によって結果がある程度変わります。
SSDの個体差に左右されることもあるので、SSDの性能を必ずしも保証するものではありません。
 

Crystal Disk Mark 7

Crystal Disk Mark 7は世界で一番有名、そして業界標準レベルとなった国産のベンチマークテストです。

「64MiB」「1GiB」「4GiB」「16GiB」「32GiB」の5つのテストケースで測定していきます。

 

crystal disk mark 7crystal disk mark 7 1GiB

crystal disk mark 7 4GiBcrystal disk mark 7 16GiB

crystal disk mark 7 32GiB

 

えええええ。

なんか、ランダムアクセスめちゃくちゃ遅くない?特に4段目(シングルキュー&シングルスレッド)

 

ランダムアクセスはSATA SSDよりも劣る結果となりましたが、シーケンシャル速度については、読み込み3500MB/s、書き込み2300MB/sの公称値に近い性能を発揮しています。

 

 

  xpg sx8200 pro sequential

xpg sx8200 pro random

 

シーケンシャル速度、ランダムアクセス速度をテストケースごとにグラフにまとめました。

 

シーケンシャル速度のテストサイズ「64MiB」では、あまり性能が伸びていないようですが、「1GB」以降は調子を上げてきたみたい。読み込み速度・書き込み速度共に一貫した性能を出せており、読み込み速度に関しては公称値の2300MB/sを上回り、2500MB/sに近い性能を見せています。

 

ランダムアクセス速度は、正直なところ、全体的に振るわない結果に。一応設定を見直し、サブPCでも同様に測定を行ったのですがこれ以上の改善は見られませんでした。個体差があるのかもしれません。

 

crystal disk mark sequential

シーケンシャル速度を、他の製品と比較してみました。

 

XPG SX8200 Proは、約5000円ほど高価な「Samsung 970EVO Plus」に迫る性能を見せました。90層を超えるトップクラスのTLC NAND相手に大健闘です。

 

AS SSD Benchmark

AS SSD Benchmarkは、読み書き速度・ファイルコピー時間・圧縮速度等が計測可能な、SSDに特化したベンチマークソフトです。

今回は、SSDの総合的な性能をスコアでわかりやすく示してくれる。読み書き速度の計測を行っていきます。

 

as ssd benchmark xpg sx8200 pro

 

グラフの伸びを見ると、多少の違いがありますが、数十点の差は誤差レベルになります。スコアは大体3000点前半といったところ。

ランダムアクセス性能が足を引っ張り、スコアが思うように伸びていない可能性もあります。

 

as ssd benchmark 1gb

 

他の製品と比較してみます。

Samsung 970EVO Plusに1500点以上差を付けられました。スペック的にはそこまで差は出ないのではと思っていたのですが。

 

 

ゲームのロード時間

実際のゲームロード時間はどれくらいなのか。Windows版のFF14(漆黒のヴィランズ)のロード時間を計測していきます。

ベンチマークを実行し、各シーンごとのロード時間の合計を算出しています。

 

ff benchmark xpg sx8200 pro

XPG SX8200 ProはSamsung 970EVO Plusとほぼ同等のロード時間を記録しました。

プレイ中のロード時間は、テクスチャの読み込み等、大量のデータが処理されるのでランダムアクセス速度に影響されます。先ほどのCrystalDiskMarkではランダムアクセス速度が遅かったので、差をつけられるかなと思ったのですが、かなり良い数値を叩き出しています。

 

 

ファイルのコピー時間

30GBのファイル

 

大容量ファイルのコピー完了までに掛かった時間を計測します。

計測には、30GBのテキストファイルを用意しました。ファイル1つのみのコピーなので、シーケンシャル速度の性能が結果に表れるはずです。

 

xpg sx8200 pro file copy read

xpg sx8200 pro file copy write

読み込み速度、書き込み速度ともにSamsung 970EVO Plusにあと一歩という結果。ですが、500GBモデルでは約5000円ほどの価格差があるなかでも、肉薄した性能を見せています。

かつてのTLC NANDはキャッシュ切れによる性能低下が顕著でしたので、3D化したことでSSDは全体的に良い結果を示していますね。

 

 

XPG SX8200 Proの動作温度は?

付属のヒートシンクでは厳しい

 

xpg sx8200 pro hwmonitor

 

XPG SX8200 Proの動作温度を確認してみます。

 

 

付属のヒートシンクで運用した場合、アイドル時は40℃〜45℃くらい。市販のヒートシンクを購入すれば30℃台いきますが、40℃という数字自体は特に問題はありません。ただ、同価格帯のWDのSN550等のNVMe SSDと比較すると、若干温度は高めな気がしますね。XPG SX8200 Proはハイエンドなので、許容範囲と言えますが。

 

大量のデータを読み書きさせる負荷テスト実行時は、温度が73℃に達しました。真夏には80℃近くまで上昇すると思われるので、付属のヒートシンクでは力不足な印象を受けます。そこまで高負荷な作業を強いることがなければ、付属のヒートシンクでも十分に運用可能です。

 

 
ほとり
動作温度が高いまま使用するのは、精神衛生上悪いですね。

 

 

 

XPG SX8200 Proは、価格に見合わない性能を持つNVMe SSD

adata sx8200 pro

 

・動作温度は若干高め
・付属のヒートシンクでは、十分な冷却は期待できない
 
XPG SX8200 Proの悪い点は、動作温度が高めなこと。これはNVMe SSDではどの製品でもしかたのないことではありますが、それでも本製品の動作温度は少し気になります。
普段使いでは気にする必要は全くありませんが、負荷のかかる作業を日常的に行う人にとっては、付属のヒートシンクで運用することは難しいと考えたほうがいいかもしれません。動作温度の高さは少なからず寿命にも影響します。
 
・更に高価なNVMe SSDに迫る性能
・コンポーネントには、信頼性の高いMicron製、Samsung製を採用
・耐久性(TBW)が高い
・5年保証
 
良い点として、XPG SX8200 Proは安価でありながら、更に価格の高い上位NVMe SSDに引けを取らない性能を持っています。特に重い作業を行わない普段使いから、ゲーム・クリエイティブ関連の業務まで幅広い用途におすすめ出来るNVMe SSDです。
 
また、ADATAは半導体を作っていないメーカーさんですが、搭載している主要コンポーネントは信頼性の高いメーカーのものを使用しています。耐久性の高さと、5年保証という強気な設定をしていることからも、XPG SX8200 Proは信頼性の高いNVMe SSDであると考えます。
 
 
ほとり
主要コンポーネントは自社製造ではないけれど、XPG SX8200 Proには確かな信頼性があります。
 
 
 
以上「【お手軽ハイエンド】ADATAのSSD「XPG SX8200 Pro」を試してみたよ」でした!
xpg sx8200 pro benchmark
最新情報をチェックしよう!