新規記事、続々公開予定!

MacBook Air 2020を開封!外観や初期設定までを画像で紹介していく

Mac macbook-eye

 

hotori
ほとり
こんにちは。「ほとり」です!
 
約2週間ぶりですね、お久しぶりです!
 
ブログを開設してからというもの、サイトのデザインやら、これから何を書いていこうかなど模索しながらゆったり更新してきました。
 
 
未だに慣れていないブログの更新を、デスクトップPCでずっとやってきたわけですが、
この度、私事ながら……..
 
 
MacBook Air 2020を買いました!
 
 
根っからのWindows信者な僕ですが、

 ・外で作業ができるようにしたい

 ・ちょうど最新のMacBookが出たようなので試してみたい

 

ということで購入しました。

 

 

そんなわけで、今回は2020年3月に発売された、MacBook Air 2020の開封をしていきます!

 

 

 

購入したMacBook Air 2020の仕様とスペック

 

今回、僕が購入したMacBook Air 2020がコチラ⬇⬇⬇

macbook-air-2020

名称

MacBook Air 2020

プロセッサー

第10世代の1.1GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ
(Turbo Boost使用時最大3.5GHz)

RAM(メモリ)

16GB 3,733MHz LPDDR4Xメモリ

ストレージ

512GB SSDストレージ

グラフィック

Intel Iris Plus Graphics

ディスプレイ

True Tone搭載Retinaディスプレイ 13.3インチ
解像度 2560×1600 ピクセル

キーボード

バックライトMagic Keyboard – 英語(米国)

大きさ

幅30.41 × 奥行21.24 × 高さ0.41~1.61 cm

重量

約1.29kg

スペースグレイ

 

 
 
基本的に僕がこのMacbook Airで行う作業が以下の通りです。
  • メールやSNS
  • タブを大量に開いてブラウジング
  • ブログの更新
  • プログラミング
  • フルHDの動画編集(いずれ)

 

 

この用途で考えると、初Macにしては結構贅沢な構成になったんじゃないかと思います。

 

 

MacBook Air 2020が前世代と比較して、かなり性能が向上しているようなので、最低でも5年は頑張ってもらいたいですね。

 

 

 

 

MacBook Air 2020を開封していく!

外箱

 

macbook外観

 

想像してはいたものの、外箱の時点で超シンプル。これぞAppleという感じでしょうか。(小並感)

Macbookの薄さをこれでもかと、アピールしてきますねw

 

 

macbook外観2

外箱-名称

 

持ってみるとわかるんですが、この時点でもうだいぶ軽い!

 

 

 

本体

 

では、さっそく開けていきます。

 

macbookが顔を出す

 

待ちに待ったであろう購入者をじらすことなく、すぐに本体とご対面。

薄い透明なフィルムに覆われた状態で出てきました。

 

macbookとご対面

 

フィルムを剥がすと、最終形態となったMacBook Air 2020が現れました(?)

画像だとわからないんですが、このAppleのりんごマーク、鏡のように反射するんですよね。

 

やっぱり色はスペースグレイで正解だったと思います。目立つ色は嫌い!

 

 

 

付属品

 

 

インタフェースを見ていきます。Macbookの入出力は至ってシンプル。

本体正面から見て、左側面にはUSB-TypeCのポートが2つのみ。右側面にはイヤホンジャックのみというケチな構成

 

 

Windowsを使っていると、MacBookのインタフェースの少なさに驚きです。

ポートで側面に凹凸が無く、平らなのも見た目はキレイで良いですね!

 

 

ちなみに⬇のような変換アダプタを用いれば、WindowsPCやその他周辺機器、標準のType-Aに変換できるので、僕は事前に買っておきました。

 

USBメモリやマウスなど、Type-Aのデバイスを接続する人は必須のアイテムになりますね。

 

 

 

付属品

 

付属品はコチラ。取扱説明書と充電ケーブルのみ!

 

シール

そして説明書の中には、Appleのシールが入っていました。

今回購入したMacBook Airに限らず、Apple製品にはすべて付いてくるそうですね。

 

Appleユーザーとなった証?

 

キーボード&トラックパッド

 

キーボード

 

これがMacBook Airの通称、Magic Keyboard(マジックキーボード)になります。

 

そんでもって、僕は日本では多くの人が馴染みのあるJISキーボードではなく、米国のUSキーボードを選択しました。

 

みて分かる通り、Enterキーの場所がreturnキーとなっており、なおかつ面積も小さくなってますね。CommandキーやOptionキーの配置も微妙に違います。

 

 

 

なぜ、USキーボードを選択したかについては単純明快、キーにひらがな表記が無く、かっこいいからw

JISキーボード⬅JISキーボード

 

 

使い勝手が悪いとは聞いていないので、キーの配置や大きさは多少違うけど、慣れれば使えるようになるだろうw

ということでUSキーボードを選択した次第。

 

 

 

 

トラックパッドは対面時、「ふむ!」という感想w

WindowsPCではトラックパッド下部に右クリック、左クリックで分かれていたりするのですが、こちらは特段、分かれているわけでもなく真っ平ら。

 

滑りがとても良くわりと面積も広めな設計なので操作しやすそうですね。

 

 

 

MacBook Air 2020の初期設定

初期設定は気持ち、長めな印象

 

蓋を開けてディスプレイが見えると突然、起動し始めて、キーボードを眺めることなく初期設定が始まりますw

普段、マウスしか使っていないので、トラックパッドでの操作に慣れないんですよね。

 

 

初期設定が意外と長かったので、設定のあれこれを画像で流していきます。

 

 

  1. 言語・地域を設定する
  2. Wifiネットワークの設定
  3. このMacbookへの情報転送の設定
  4. 新規Apple IDの作成
  5. 利用規約
  6. コンピュータアカウントの作成
  7. iCloudキーチェーンの設定
  8. 「Macを探す」の設定
  9. 位置情報の設定
  10. Mac解析について
  11. iCloud解析について
  12. Siriの設定
  13. クラウドとの同期設定
  14. FileVaultディスク暗号化設定
  15. Touch IDの作成
  16. Apple Payの設定
  17. 外観テーマ・ディスプレイの設定

 

初期設定は以上の通りでした。本体のシンプルさとは裏腹に、初期設定は意外と面倒な印象でした。

 

 

Windowsと比較しても少し多め…かな?

まあ、少し長いくらいですし、ポチポチ進めていけばすぐに終わりますw

 

 

 

初デスクトップ画面

 

初期設定を終え、ホーム画面が出てきました!

 

下にズラーっとアイコンが並んでいるのに新鮮さを感じますね!

 

 

購入した構成通り、しっかり認識されていますね。

メモリ16GB、ストレージが500GBあるので、容量を気にせずとも快適に使うことができそうです。

 

 

 

さいごに

 

僕はいつも安っすいジャンクパーツで自作PCを組み立てたりするんですが、やはりApple製品を購入するとなると、

興奮しますね。

 

この記事も早速Macbookで書いているわけですが、場所に縛られずにどこでも作業ができるのが本当に快適ですね。

これから「ほとり」のお供として、使い倒していきますよ!

 

 

以上、「MacBook Air 2020を開封!外観や初期設定までを画像で紹介していく」でした!

macbook-eye
最新情報をチェックしよう!